フィジーク・オンライン

高校時代におけるウエイトトレーニングの重要性

この記事をシェアする

0
掲載日:2016.04.26


ウエイ卜卜レーニングの成否が競技の勝敗を分ける


スポーツ競技において高い競技力を発揮するためには、トータルなコンディショニングを計画的に実践していくことが不可欠です。

コンディショニングとは、競技力を高めるために必要なあらゆる要素を改善及び調整していくことであり、体力トレーニングをはじめとして技術や戦術の練習、傷害や疾病の予防及び対処、食事や休養面の改善、メンタル面の強化、チームの運営・管理など、非常に多くの要素が含まれます。

これらのコンディショニングの中でもウエイトトレーニングは、競技に必要なさまざまな体力要素の基盤となる筋力やパワーを効率よく養成するために役立つとともに、競技パフォーマンスに直結する専門的体力の向上や、傷告の予防及びリハビリテーションにも大変有効であり、スポーツ選手の競技力向上への貢献度が非常に高い要素といえます。

ウエイトトレーニングを正しい方法で効率よく実践し、確実に効果を上げることは、各種スポーツの競技力を高めるための必須条件といえるでしょう。


高校時代のウエイ卜トレーニングの重要性


国内では、中学や高校期に全国大会が行われるため、各段階において目先の試合で勝つことに重点を置いた練習やトレーニングが行われることが多く、選手として引退するまでの最終目標を踏まえたウエイトトレーニングが、ジュニア期に十分行われていないのが実状です。

筆者は、大学スポーツ選手にウエイトトレーニングを指導する立場にありますが、大学に入学してくるスポーツ選手でウエイトトレーニングの未経験者は年々少なくなってきているものの、高校時代にウエイトトレーニングのきちんとした指導を受けた経験のある選手はきわめて少ない状況です。

ウエイトトレーニングを自己流で行ってきた選手の中には、間違ったフォームが身に付いてしまった選手や、ウエイトトレーニングを行うことによってかえってけがをしてしまった選手も少なくありません。

正しい方法で行えば1年程度で達成できるはずのトレーニングの効果が、高校時代の3年間を費やしても達成できていない選手も多く、大学に入ってから初心者用の基本プログラムをやり直さなければならないのが実状です。

ウエイトトレーニングは、選手の発育発達段階や将来における競技力向上の可能性を考慮すると、高校時代に本格的に開始することが理想的です。

高校時代にウエイトトレーニングを実施して基礎的な筋力基盤を養っておけば、より高度な技術を身につけやすくなると共に、高校卒業後には競技パフォーマンスに直結したハイレベルな専門的トレーニングを本格的に開始することができ、選手としての最終的な競技力のピークをさらに向上させることができると考えられます。

また、高校時代に正しいウエイトトレーニングやトータルなコンディショニングをきちんと実践しておけば、傷害の発生率や重大な傷害を起こす危険性を減少させることもでき、このことが将来の競技力向上に与える好影響には計り知れないものがあります。

高校時代に正しいウエイトトレーニングを実践し、その効果を確実に得ることは、選手の潜在能力を最大限に引き出すための重要なポイントであるといえるでしょう。

中学生期:トレーニングのフォームづくり、トレーニング耐性の向上
高校生期:フォームの完成、筋力発揮の基盤となるからだづくり、筋力バランスに配慮した基礎的筋力の養成
大学生期:基礎的筋力の完成と専門的パワーの養成
社会人期:専門的パワーの完成と維持

質の高い指導のために


スポーツ選手のウエイトトレーニングの実践においては、できるだけムダな時間や労力を省き、回り道することなく、最短で最高の効果を上げることが理想となります。

このためには、選手やチームの特徴や目的に応じた適切なプログラムを作成し、これを正しいテクニックで実践していくことが必要です。

しかし、トレーニングは生身の人間が行うものである以上、必ずしも計画通りには効果が現れるとは限りません。各選手の個人的な特徴やその時々の体調によって、同じプログラムを行っても、からだの反応やトレーニング効果が異なってしまう場合が多くみられます。

このような微妙な部分については、実際の経験を通じて試行錯誤したり、実践的なノウハウを蓄積していくことが必要となります。

スポーツ指導者が、専門競技の練習以外にウエイトトレーニングにも立ち会うことは大変な労力といえますが、日々のトレーニングを監督し、指導実践を積み重ねていくことによって、より質の高いトレーニング指導が可能となり、選手のトレーニング効果も向上することになると考えられます。



  • 競技スポーツのためのウエイトトレーニング
    2001年6月30日初版発行
    著者:有賀誠司
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社


[ 競技スポーツのためのウエイトトレーニング ]

関連記事

Mr.6pack 有馬 康泰のトレーニング講座 −脚トレ−

Mr.6pack 有馬 康泰のトレーニング講座 −脚トレ−

筋トレ初心者こそベンチプレスでトレーニングをしよう!(2/2)

筋トレ初心者こそベンチプレスでトレーニングをしよう!(2/2)

高重量を挙げるための体を作るベンチプレスのトレーニング方法(2/2)

高重量を挙げるための体を作るベンチプレスのトレーニング方法(2/2)

コアトレによる自律神経への効用 / Flowing Exercise®でコアを鍛えよう

コアトレによる自律神経への効用 / Flowing Exercise®でコアを鍛えよう

筋トレ初心者向け!BIG3の基本的なトレーニング方法<ベンチプレス編>

筋トレ初心者向け!BIG3の基本的なトレーニング方法<ベンチプレス編>

臨機応変な対応で“ビッグ3”のピークを逃さない方法

臨機応変な対応で“ビッグ3”のピークを逃さない方法

体幹(コア)の柔軟性と必要性  /  Flowing Exercise®でコアを鍛えよう

体幹(コア)の柔軟性と必要性 / Flowing Exercise®でコアを鍛えよう

パワーフォームを導入した「ベンチプレスを強くするためのトレーニング」(3/4)

パワーフォームを導入した「ベンチプレスを強くするためのトレーニング」(3/4)