フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

ウエイトトレーニング~器具とマシンの基礎知識~

この記事をシェアする

27
掲載日:2017.10.12
記事画像1

フリーウエイ卜とは、バーベルやダンベルのことを指す

フリーウエイトとは、バーベルやダンベルのことを指します。これらの器具を用いた場合、文字通りフリーな(自由な)軌道で動作を行うことができるため、このような名前で呼ばれています。


フリーウエイ卜には、バーベルやダンベルを使用する際に用いるベンチやラック類なども含まれ、これらを総称して「フリーウエイ卜機器」と言う場合もあります。


スポーツ選手がトレーニングを行う場合には、回転式のオリンピックバーベル(全長2.2m、重量20kg、使用するプレートの内径50mm)を使用するのが理想的です。

特に、パワークリーンのようなクイックリフトを実施する際には、手首に負担がかからず、ケガをする危険が少なくなります。

また、スクワットやベンチプレスといった基本エクササイズについても慣れれば非常に行いやすくなります。バーベルカールなどの小筋群のエクササイズでは、非回転式のバー(全長1.2m~1.8m、7.5~15kg、プレート内径28mm)の短いバーを使用する場合もあります。


バーベルを使用する場合には、プレートがはずれたりずれたりしないようにカラー(留め金)を必ず使用するようにします。
重量固定式バーベル

重量固定式バーベル

バーベルには回転式のオリンピックバーベル(下の2本)と非回転式のバーベル(上の2本)がある

バーベルには回転式のオリンピックバーベル(下の2本)と非回転式のバーベル(上の2本)がある

ダンベルについては、重量調節式のものと、重量固定式のものがありますが、重量調節式のものは使い勝手が悪く、トレーニング中にプレートがはずれる危険性が高いので注意が必要です。
重量固定式ダンベル

重量固定式ダンベル

記事画像5
カラーの装着方法
1.リングを内側にしてセットする。2.ネジをしっかりと締める。3.プレートのゆるみがある場合はリングを内側にねじ込む。
記事画像6

フリーウエイ卜とトレーニングマシンの特徴

フリーウエイトとトレーニングマシンには、それぞれ長所と短所があります。
トレーニングプログラムの作成や実施にあたっては、両者の長所を生かすことが重要です。

フリーウエイトは、一つの器具で非常に多くのエクササイズが可能であり、自由な軌道で動作が行えるためバリエーションが豊富です。

また、使用する重量が目で見て実感できるため、トレーニングの達成感も非常に大きいといえます。

さらに、フリーウエイトによるトレーニングでは、ウエイトを保持してバランスをとりながら動作を行うため、重力や慣性をコントロールする能力を養うことができ、スポーツ競技に実用性の高いトレーニングが可能となります。

このようにスポーツ選手にとって、フリーウエイトには多くの長所がありますが、フォームの習得に時間がかかり、補助者をつけるなどの安全面の配慮が必要であるなどの短所もあります。

一方、トレーニングマシンは、フリーウエイトとほぼ反対の特徴を持っており、安全性はきわめて高く、フォームの習得も比較的簡単ですが、フリーウエイトに比べてトレーニングの達成惑が低く、スポーツの専門性を配慮した条件によるトレーニングが行いにくいなどの欠点があります。
記事画像7
フリーウエイト(バーベル、ダンベル)と卜レ一二ングマシンの比較(プログラムの作成にあたっては、それぞれの長所を活かすように工夫する)

  • 競技スポーツのためのウエイトトレーニング2001年6月30日初版発行
    著者:有賀誠司
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社



Recommend