フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

【屈強インタビュー】#18 Steve JEAN "好きなキャラクターに近づきたい"

この記事をシェアする

0
掲載日:2021.10.17
記事画像1
2018年NPCJプロクオリファイクラス別優勝、2020年マッスルコンテスト東京クラス別・年齢別・オーバーオール優勝(三冠)等の実績を持ち、コスプレを通じて独自の世界観を表現し続けるSteve JEAN氏に、日頃のトレーニングに対する取り組みや考え方を伺った。
記事画像2
昔からアニメが好きで、12~13歳くらいの子供の頃にドラゴンボールを観て、悟空のようになりたい、悟空のような筋肉がほしいと思いました。
そしてドラゴンボールや日本のアニメ作品に興味が湧き、日本に行ってみたい、住んでみたいと思うようになりました。
トレーニングも大会のためというよりコスプレのためです。好きなキャラクターに近づきたいと思ってトレーニングしています。

筋肉はそのキャラの強さの一部

記事画像3
好きなのアニメ作品やキャラクターはたくさんいます。
ドラゴンボールの悟空、刃牙シリーズの範馬裕次郎、ワンパンマンのぷりぷりプリズナー、僕のヒーローアカデミアのオールマイト、、、みんな強くてかっこいい。挙げればキリがありません。
しかし筋肉はあくまでもそのキャラの強さの一部であって、全てではありません。例えばセーラームーンのように筋肉がなくても、個性的だったり強いキャラクターも好きです。

渡航費のためにフランスの刑務所で運動指導

フランスで運動指導の資格を取得した後、ジムのトレーナーからフランスの刑務所での運動指導の仕事を紹介してもらいました。フローリメロジス刑務所で、囚人に対しての運動指導です。

日本への渡航費や日本での当面の生活費などが必要で、手早くお金を貯めたかったのでその話を受けました。それがトレーナーとしての最初の仕事です。
どんなところだろうと最初は少し怖かったですが、レッスン中は特に何もなかったですし僕には優しくしてくれました。筋肉を褒めてもらったこともあります。
しかし、刑務所の敷地内に食堂があって僕もそこで食事をしていたのですが、喧嘩があったり怒鳴り声があったりでなかなか落ち着いて食事ができませんでした。

普段の生活や仕事に関して

記事画像4 記事画像5
現在、仕事は主に埼玉県の大宮エリアにある、奥さんが経営しているスタジオ「GINGER」にて空中フィットネスの講師や、スタジオ内で保育士をしています。ポールダンスやエアリアルヨガなどが体験できる特殊なスタジオで、僕が担当するのは「シルクサスペンション」と「エアクロスFIT」というレッスンです。これは強度の高いファブリック(布)を使用して空中で行うトレーニングで、体幹をしっかり鍛えることができます。

「シルクサスペンション」では空中での自重トレーニングを、「エアクロスFIT」ではサーキット形式での有酸素運動と自重トレーニングを行います。仕事以外の時間は育児とコスプレをしています!
スパイダーマンのコスプレ

スパイダーマンのコスプレ

スタジオでのトレーニング指導はだいたい午前中と夜間にあるので、トレーニングは昼間、食事の2時間後に始めています。トレーニングをしながら11ヶ月になる娘の面倒を見るのが日課です。おむつ替えや授乳も今では手慣れて素早くできるようになりました!僕が娘の面倒を見ているあいだに奥さんが動画を編集したり、スタジオの事務仕事を進めてくれています。
奥さんの小梅さんと支えあっている(物理)

奥さんの小梅さんと支えあっている(物理)

コスプレデビューと現在

記事画像8
3年前、ダンサーの奥さんに誘われて「アニダン」というコスプレ着用のダンスの大会に自作のセーラームーンのコスチュームで出場したのがきっかけでコスプレにハマりました!セーラームーンのコスプレは周りの方々の反応が良くて、とても嬉しかったのを覚えています。

コロナ前は定期的にコスプレイベントやパフォーマンスイベントにも参加していたのですが、現在は主にYouTubeで新作のコスプレを披露したり、「コスプレで踊ってみた」動画や家族の日常をアップして活動しています。
娘が生まれる前は奥さんとコスプレをしていたのですが、娘が生まれてからは家族みんなでコスプレをして楽しんでいます!最近だと、うる星やつらの「ラムちゃん」やジョジョの「ワムウ」のコスプレを家族みんなでしました!衣装は奥さんの手作りで、僕の特殊な体型に合わせて製作してくれるので既製品よりもフィットしていて着心地がいいです。
記事画像9 記事画像10 ダルシム

ダルシム

ヨガ・ファイヤー

ヨガ・ファイヤー

日頃のトレーニングメニュー

基本的に自宅の筋トレ部屋でトレーニングをしています。ケーブルの付いたパワーラックやバーベル、ダンベル、マルチマシンを使って4分割でやっています。

①胸/ニ頭筋
②脚
③肩(中部、前部)
④三頭筋/背中/肩後部

一部位30分くらいで、トレーニングは毎回1時間以内で済ませるように心がけています。
記事画像13

自分にとって特に発達すると感じる種目、そうでない種目

特に発達すると思うのは以下の種目です。

胸→ダンベル種目やマシンフライ
背中→プルアップ(ニュートラルグリップ)、プーリーロー
脚→バーベルハックスクワット、レッグカール
三角筋→インクラインサイドとフロントレイズ

個人的に発達しないと感じる種目はバーベルスクワットとデットリフトです。僕の場合、腰が歪みがちなのでなかなか綺麗なフォームを作ることが難しいので苦手な種目です。
腰が痛みやすいため、ローイング系は順手で110㎏くらいに抑えています。ダンベルローイングだとはワンハンドで52㎏で10回くらいです。腰のストレスを減らすため、インクラインベンチにうつ伏せになってやることもあります。

筋肉を発達させるためには、やはり間違いなくある程度の重量を扱わないといけないと思います。その中で関節の負担を減らすために高重量、中重量、軽重量の日などに分けて、毎回のトレーニングをメモするようにしてからは高重量でも全力で追い込めるようになったし、怪我もしなくなりました。
記事画像14

自分に合った方法の発見

昔は朝晩二回トレーニングをすることもありましたし、一回のトレーニング時間も長くとっていました。
10年以上前のことですが、運動指導を学ぶ過程で、他の人にメニュー作るという課題があったのですが、作成したメニューの種目や強度が多すぎて注意された思い出があります。それほどにトレーニングをたくさんやることは良い事だと思っていたのです。

しかし、娘が生まれてからトレーニングに費やせる時間が少なくなったことをきっかけに、今までのトレーニング量が多すぎたことに気がつきました。
トレーニング時間を60分に収まるようにしてトレーニング量も見直して少なくしたことで、今まで発達しにくかった筋肉量が増えて成長しました。
その短くした時間の中で各部位フォーム良く限界まで追い込むようにしています。
もうこれ以上大きくできないかもしれないと思って、ライフスタイルとしてのトレーニングに留めるしかないのかと考えた時期もありましたが、20年以上筋トレする中で去年ようやく自分に合った良い方法を見つけることができました。

YouTubeなどで他の人のトレーニング動画を見ると皆高重量ですごく多くのトレーニングをこなしているのですが、年齢的に40代に入るし、強度や量を増やす事は自分には合わないと思いました。
記事画像15

日頃の食事で意識していること

ヘルシーで添加物の少ない食事を摂ることを意識しています。
調理されたものを買って食べるのではなく、野菜や肉などの素材を購入してシンプルに調理したものを食べています。肉は鶏肉や馬肉が主です。コプスレをするためにも健康的に体型を維持していたいので、筋トレ後はいつも馬肉を食べています。
最近は馬肉がとても気に入っています。おいしくて高たんぱく低カロリー、低脂質でL-カルニチンや鉄分も多いです。200gくらいの冷凍されたものを解凍して馬刺しとして食べています。

摂取カロリーに関しては普段はあまり厳密に計算はしていませんが、一日でおよそ3000~4000Kcalくらいです。コスプレでいつでも脱げるように、常に腹筋がみえるくらいを目安にして保つようにしています。
大会の時は多くても2200Kcalほどに抑えた方が脂肪を落としやすい感じがあります。
以前は大会に出場することが多かったこともあり、ハードなトレーニングと食事制限をしていましたが、現在は娘が生まれたことをきっかけに、健康的に生きるための食事とトレーニングでのボディメイクを心掛けています。
記事画像16

摂っているサプリ

朝、昼、晩にマルチビタミンとビタミンB群とビタミンC。
筋トレ前はシトルリン、クレアチンとカフェインとアルギニン、筋トレ中はEAAとマルトデキストリン、筋トレ後にはグルタミンとホエイプロテインか普通のご飯を食べます。夜はフィッシュオイルを摂ります。



ホエイプロテインはいろいろなブランドをたくさん試しています。甘いのが好きで、とりあえず試してみたものは全部おいしかったです。
特にオールマックスのスタンダードプロテインは何でもおいしいです。



オールマックスのゴールドの方が脂質糖質が少ないのですが少し高いです。おいしいと義務的にならずにおやつがわりに摂れるのが良いです。
記事画像17

今後の方向性や目標

記事画像18
フィジークで優勝してプロになりたかったですが、そこからのプランがなかったことや娘が生まれた事による環境の変化から、方向性を変えて自分が長生きするための食事と、コスプレをするためのボディメイクをしていきます。
今後はコスプレの幅を広げて有名な筋肉コスプレイヤーを目指して頑張りたいです!コロナが終息したらまた大会の出場も再開したいと思います。
それらを通じて自分がどこまで成長したのか、どう成長したのか見ていきたいです。

SNSのファンに伝えたいこと、ひとこと

いつもフォロー&いいねしてくれてMerci beaucoup(メルシーボクー・ありがとうございます)!まだ僕たちのパフォーマンス見たことない人はぜひYouTubeチェックしてね!あと、みんなも馬肉食べようぜ!
記事画像19
取材・文:せきぐち