フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

グルタミンとはなにか

この記事をシェアする

0
掲載日:2019.02.28
記事画像1

グルタミンとはなにか

BCAAと並んで人気のあるアミノ酸がグルタミンです。グルタミンとは、どんなアミノ酸なのでしょうか。

ストレスと言えば精神的なものを指すのが一般的ですが、トレーニングのような肉体的刺激も、身体にとっては非常に強いストレスとなっています。

睡眠不足だったり、寒かったり、空腹感を覚えたり、仕事がハードだったりというような肉体的ストレスは、精神的ストレスよりもむしろ強くカラダを蝕んでしまいます。

グルタミンは体内にもっとも多く存在するアミノ酸で、必須アミノ酸ではありませんが、ストレスがあるときに必要量が急増します。
このようなアミノ酸を、「条件下必須アミノ酸」と呼びます。

また後述しますが、グルタミンは免疫細胞や消化管の粘膜細胞の主なエネルギー源でもあります。
血漿中のアミノ酸の約20%がグルタミンで、また筋細胞内の遊離アミノ酸の60%以上をグルタミンが占めています。

グルタミンと間違えやすいグルタミン酸

グルタミンと間違えやすいのが「グルタミン酸」です。

アミノ酸の構造を確認してみましょう。グルタミンは、「R」の部分の末端がアミド(-CONH2)になっているのですが、グルタミン酸はこの部分がカルボキシル基(-COOH)になっています。

体内でアンモニアが発生すると、グルタミン酸がアンモニアと反応してグルタミンになり、無毒化されます。
グルタミン酸は興奮性の神経伝達物質としても働きます。

肉などを美味しいと感じるのは「イノシン酸」によるものですが、昆布などの美味しさはグルタミン酸によるもので、舌の味奮にもグルタミン酸を感知する受容体が存在します。

もう一つ間違えやすいのが「グルタミン酸ナトリウム」です。
これはいわゆる「化学調味料(うま味調味料)のことで、食品のラベルに「調味料(アミノ酸等)」とあったら、コレのことです。
グルタミン酸は「酸」ですので酸味がありますが、これにナトリウムを結合させて乾燥させることにより、「うま味」を感じやすくしてあります。

グルタミン酸ナトリウムによるナトリウム摂取が懸念されますが、食塩のナトリウムは39.3%、グルタミン酸ナトリウムのナトリウムは12.3%であり、使用量がナトリウムよりはるかに少ないことを考えると、ナトリウム過剰の心配は要らないでしょう。
  • 山本 義徳(やまもと よしのり)
    1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
    ◆著書
    ・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
    ・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
    ・サプリメント百科事典(辰巳出版)
    ・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
    など30冊以上

    ◆指導実績
    ・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
    ・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
    ・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
    ・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
    ・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
    その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

  • アスリートのための最新栄養学(上)
    2017年9月9日初発行
    著者:山本 義徳


[ アスリートのための最新栄養学(上) ]