フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

ビタミンDの効果とは #2

この記事をシェアする

0
掲載日:2020.02.27
記事画像1
アスリートのための最新栄養学 上下巻セット※Amazonの商品ページへ飛びます
ビタミンDには健康への効果も期待できます。
日本で行われた研究では、一日に1200IUのビタミンDを摂取することによって、インフルエンザの罹患率が42%も低くなっています。(※87)

また2週間毎に50000IUのビタミンD(一日あたり3571IU)を摂取することでIBS(過敏性腸症候群)の症状が改善したという報告もあります。(※88)

さらに毎日1000~2000IUのビタミンD摂取により、大腸がんのリスクが50%減り(※89)、乳がんと卵巣がんのリスクがそれぞれ30%ずつ減った(※90)という研究があります。

国立がんセンターの研究では血中ビタミンD濃度の低いグループは高いグループに比べて直腸がんのリスクが男性で4.6倍、女性で2.7倍高くなっていました。(※91)

サプリメントでビタミンDを一日1100IU、カルシウムを一日1400~1500mg摂取したところ、癌の発生を半分以下に減少させることができています。(※92)

ビタミンDと死亡率について調べた研究では、ビタミンD濃度の低い人ほど心血管疾患での死亡率が高くなっています。
またビタミンD濃度の高い人ほど、癌になってからの生存期間が長くなっています。(※93)

コクラン・データベースに掲載されたメタアナリシスでも、ビタミンDのサプリメンテーションは高齢者の死亡率を減らすとされています。(※94)

ビタミンDはPI3K/AKTシグナル伝達経路を介してロイシンとインスリンの作用を増強してmTORを活性化し、筋タンパク合成を促します。(※95)

いっぽうではTSC1/2を活性化してRhebを阻害し、mTORの活性を抑制して高血糖によるβ細胞をアポトーシスから護るという作用も報告されています。(※96,※97)

なおPP2A(プロテインホスファターゼ2A)を抑制することによるAKTの活性化と同時に、筋特異的ユビキチンリガーゼであるMAFbxとMuRF1の減少の関係も示唆されています。(※98)

ビタミンDの不足している中年男性にビタミンDのサプリメントを飲ませたところ、テストステロンレベルが高くなってメタボ指標が改善し、勃起機能も高まったという報告(※99)や、HMBとビタミンDを組み合わせることで筋力が増加したという報告(※100)、カルシウムだけではダメだったがカルシウムとビタミンDを組み合わせたら高齢者の筋機能低下が防げたという報告(※101)、2000IUのビタミンDサプリメントを2週間摂取したところ、疲労が減って運動能力が高まり、血圧が低下し、コルチゾルも減ったという報告(※102)などからも、アスリートにとってビタミンDのサプリメンテーションは必須のものと思われます。
アスリートのための最新栄養学 上下巻セット※Amazonの商品ページへ飛びます
※87: Randomized trial of vitamin D supplementation to prevent seasonal influenza A in schoolchildren. Am J Clin Nutr. 2010 May; 91( 5): 1255-60. doi: 10. 3945/ ajcn. 2009. 29094. Epub 2010 Mar 10

※88: Effect of vitamin D on gastrointestinal symptoms and health-related quality of life in irritable bowelsyndrome patients: a randomized double-blind clinical trial.

※89: Neurogastroenterol Motil. 2016 Oct; 28( 10): 1533-44. doi: 10. 1111/ nmo. 12851. Epub 2016 May 7. Optimal vitamin D status for colorectal cancer prevention: a quantitative meta analysis. Am J Prev Med. 2007 Mar; 32( 3): 210-6.

※90: Role of ultraviolet B irradiance and vitaminD in prevention of ovarian cancer. Am J Prev Med. 2006 Dec; 31( 6): 512-4.

※91: Plasma vitamin D and risk of colorectal cancer: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study. Br J Cancer. 2007 Aug 6; 97( 3): 446-51. Epub 2007 Jul 10.

※92: Vitamin D and calcium supplementation reducescancer risk: results of a randomized trial. Am J Clin Nutr. 2007 Jun; 85( 6): 1586-91.

※93: Vitamin D and mortality: meta-analysis of individual participant data from a large consortium of cohort studies from Europe and the United States. BMJ. 2014 Jun 17; 348: g 3656. doi: 10. 1136/ bmj. g 3656.

※94:Vitamin D supplementation for prevention of mortality in adults. Cochrane Database Syst Rev. 2014 Jan 10;( 1): CD 007470. doi: 10. 1002/ 14651858. CD 007470. pub 3.

※95: 1, 25( OH) 2-vitamin D 3 enhances the stimulating effect of leucine and insulin on protein synthesis rate through Akt/ PKB and mTOR mediated pathways in murine C 2 C 12 skeletal myotubes.Mol Nutr Food Res. 2013 Dec; 57( 12): 2137-46. doi: 10. 1002/ mnfr. 201300074. Epub 2013 Aug 9.

※96: 1, 25( OH) 2 D 3 protects β cell against high glucose-induced apoptosis through mTOR suppressing. Mol Cell Endocrinol. 2015 Oct 15; 414: 111-9. doi: 10. 1016/ j. mce. 2015. 07. 023. Epub 2015 Jul 26.

※97:Gene targeting by the vitamin D response element binding protein reveals a role for vitamin D in osteoblast mTOR signaling. FASEB J. 2011 Mar; 25( 3): 937-47. doi: 10. 1096/ fj. 10-172577. Epub 2010 Dec 1.

※98: 活性 型 ビタミン D 3 の ヒト 筋 管 における 骨格筋 萎縮 因子 への 作用 メカニズム に関する 研究

※99: Vitamin D treatment improves levels of sexualhormones, metabolic parameters and erectile function in middle-aged vitamin D deficient men. Aging Male. 2017 Jan 11: 1-8. doi: 10. 1080/ 13685538. 2016. 1271783

※100: Vitamin D status affects strength gains in older adults supplemented with a combination of β-hydroxy-β-methylbutyrate, arginine, and lysine: a cohort study. JPEN J Parenter Enteral Nutr. 2011 Nov; 35( 6): 757-62. doi:10. 1177/ 0148607111413903. Epub 2011 Aug 1.

※101: Effects of a long-term vitamin D and calcium supplementation on falls and parameters of muscle function in community-dwelling older individuals. Osteoporos Int. 2009 Feb; 20( 2): 315-22. doi: 10. 1007/ s 00198-008-0662-7. Epub 2008 Jul 16.

※102: Effect of vitamin D supplementation on cardiovascular disease risk factors and exercise performance in healthy participants: a randomized placebo-controlled preliminary study. Ther Adv Endocrinol Metab. 2016 Aug; 7( 4): 153-65. doi: 10. 1177/ 2042018816653357. Epub 2016 Jun 20.
  • 山本 義徳(やまもと よしのり)
    1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
    ◆著書
    ・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
    ・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
    ・サプリメント百科事典(辰巳出版)
    ・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
    など30冊以上

    ◆指導実績
    ・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
    ・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
    ・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
    ・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
    ・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
    その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

  • アスリートのための最新栄養学(上)
    2017年9月9日初発行
    著者:山本 義徳


[ アスリートのための最新栄養学(上) ]