フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    セルフタンニングローション コンテストブラック
    JBBF推奨品 塗るだけでコンテスト肌!
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

3500キロカロリーは脂肪450gに相当するか?

この記事をシェアする

0
掲載日:2017.04.24
記事画像1

3500キロカロリーは脂肪450gに相当するか?

ダイエターたちが、脂肪の摂取や炭水化物摂取、代謝の個人差などを考えずに、ただカロリーだけを計算していた時代がありました。それはシンプルで、ただカロリーを数え、食事からある量を引くと、脂肪が減少するというものです。しかし、失敗を繰り返してきたダイエターたちは、減量にはただカロリーを数える以上のことが必要なのではないかと気づいたのです。

科学者たちは言います。トータルで3500キロカロリーが食事から引かれたとき、450gの脂肪が減ると。しかし、これは必ずしも本当ではありません。例を見てみましょう。

A ジョンは一日に3300キロカロリー取ります。
B ジェーンは一日に1800キロカロリー取ります。

二人とも一日につき500キロカロリー減らし、1週間で3500キロカロリーの不足をつくりだします。

A 今、ジョンは2800キロカロリー取っています。
B 今、ジェーンは1300キロカロリー取っています。
A ジョンは一日500キロカロリー、つまり全体の15%を減らし、一週間で3500キロカロリー減らします。
B ジェーンは一日500キロカロリー、つまり全体の28%を減らし、一週間で3500キロカロリーを減らします。

3500キロカロリーが450gに相当するという前提を使えば、このふたりは非常に異なる結果を見ることになります。ジョンは一週間で450g脂肪を減らせると期待して良いと思います。というのは、彼はカロリーを減らし、一週間で3500キロカロリーという不足を作り出したからです。さらに彼は、一週間に450gという割合で引き続き脂肪を落としていけるでしょう。なぜなら、不足がたったの15%なので、体がそれを認識できるからです。

ジェーンは、それほどうまくいかないかもしれません。彼女もまた、一週間で1ポンド脂肪が減るでしょう。なぜなら、3500キロカロリーという不足を作り出したからです。しかしそうすることは、彼女の場合カロリーをカットし過ぎていることになります(全体の28%)。このようなカットを行うと、最終的に体は減量に抵抗し始めるようになります。とうのは、一般に15%以上のカロリーの減少は筋肉を失うことになり、そのため代謝が遅くなって、脂肪の減り方も遅くなるからです。

ジェーンは、毎週450gずつ体重を減らせるかもしれませんが、その大部分は筋肉からのものとなるでしょう。そして筋肉を失えば、代謝も遅くなります。脂肪を減らすためには、あなたのベースのパーセンテージのカロリーを減らすようにしましょう。15%減らすことにより、代謝を鈍らせることなく脂肪を減らすことが出来ます。というのは、筋肉が保持されるからです。15%の減少は、一週間で450gとはならないかもしれませんが、2週間で450gか10日で450gにはなると思います。それに減った体重のほとんどは脂肪からのもので、筋肉からのものではないでしょう。ですから、ジェーンは15%、つまり270キロカロリーずつ減らすべきなのです。
  • 理論と実践で100%成功するダイエット ダイエットは科学だ!
    2008年10月10日第2刷発行
    著者:クリス・アセー卜
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社

Recommend