フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

JBBA NEWS 1971年1月号

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1971年1月号
掲載日:2018.02.16

●第1回静岡県記録会開かれる!

静岡県ボディビル協会では、去る11月1日、修善寺ボディビル・センターに、県内のパワーに自信のあるビルダー30名の選手を集め、第1回記録会を挙行した。
第1回の記録会にしては好記録が続出し、中でも重量級の松浦選手は、トータル335kgと全日本級の記録で抜群の強さを発揮した。
当日の記録は下記のとおり。
記事画像1
静岡県記録会スクワットで180kgを出した松浦選手

静岡県記録会スクワットで180kgを出した松浦選手

●富山県協会で秋季記録挑戦会開催!

富山県ボディビル協会主催、北日本新聞社協賛による70年度富山県秋季記録挑戦会が去る11月8日、富山市五福のアオイ・スポーツ・ハウスにおいて開催された。
午前10時、参加選手36名の計量が終り、新村理事長の開会宣言につづいて高野会長の拶挨のあと、村上満選手の力強い宣誓によって熱戦の火ぶたが切られた。なお、各クラスの3位までの成績は次のとおり。
記事画像3

●第1回ミスター・タイガー・コンテスト 栄冠は井筒一夫選手に

宇都宮市のタイガー・ボディビル・ジム(会長酒井孝氏)では、去る11月15日同ジム内で第1回のミスター・タイガー・コンテストを開催した。当日は同ジムの精鋭25名によって、この栄冠があらそわれた。その結果、初のミスター・ダイガーには、井筒一夫選手が選ばれ、2位は飯島勲選手、3位は駒田洋選手、4位は藤田信夫選手と決定した。
なお、このコンテストには本年度ミスター日本2位の末光健一選手が、ゲスト・ポーザーとして参加した。この日の模様は下野新聞に大々的に取り上げられた。
ミスター・タイガー・コンテスト左より2位飯島、1位井筒、3位駒田の各選手

ミスター・タイガー・コンテスト左より2位飯島、1位井筒、3位駒田の各選手

●韓国からのたより

先日韓国の力道連盟(重量挙とポディビルの合同の連盟)の?氏から玉利理事長に届いた手紙の一部を紹介すると
「先般の'70ミスター日本コンテストに出席できず非常に残念に思っています。次の機会には是非出席したいと思っています。
 昨日、11月号の”ボディビルディング”誌を拝見し、入賞者の武本、末光、杉田の各選手はもちろん、日本のボディビル界の水準の高さにびっくりしました。来年は、日韓のボディビルの交流はもちろん、アジア諸国等の交流も盛んにしていきましょう。
 また、近くミスターKOREAコンテストが開かれますので、12月に日本に行く予定ですから、その時コンテス
トの写真等を持参いたします」

●アメりカからのたより

 アメリカのロスアンゼルスに在住している多昭照之進氏(1965年度ミスター日本)から先日協会に届いた手紙によると、12月号”土門氏9年ぶりの帰国”で紹介した「アメリカに日本ボディビル協会の支部設立の動き」が多和氏と土門氏の間で着々と進行されているとのことである。

●千葉県ボディビル同好会70年度決算幹事会開く!

 去る11月1日、千葉市において千葉県ボディビル同好会(会長山口久太郎氏、理事長田吹俊一氏、世話役橋本吉人氏)は70年度決算幹事会を開いた。
 決算報告につづいて来年度の運動方針等を検討したが、来年春までには県協会を設立する方針をきめた。
 1日も早く県協会が設立することを願おう。

●池上スポーツ普及クラブで第3回体育祭

 さきに本誌でも紹介した”池上スポーツ普及クラブ”では去る10月25日に第3回目の体育祭を行なった。
 代表の小野喬氏(元オリンピック体操選手)は「体育祭は、ふだん会えない会員が一同に会す和合の場であり、大いに今日1日を楽しみ、明日への活力を養ってほしい」との挨拶で始まり、終始楽しいフンイキの中で体育祭は行なわれた。
月刊ボディビルディング1971年1月号

Recommend