フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

器具なしでできるトレーニング 通勤時に鍛えよう!

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1971年5月号
掲載日:2018.08.02
近ごろ「8時間労働」なんて、お題目みたいなもんで、10時間以上働いても、まともな給料はもらえず、ヒマもなくて運動なんぞできゃあしないよ。おカゲで体は弱るばかりだと、なげくサラリーマン諸氏が多い。

 こんな話を聞くたびに、サラリーマンの苦労がよくわかる。そして「労働基準法」がまるで守られていないことに気づく。ある新聞によると、サラリーマンの50%以上が、ヒマがないという理由でスポーツを楽しめないそうだ。複雑な人間関係、苦しい労働条件、そして運動不足、これらがストレスを発生させ心臓病、胃腸病、ノイローゼ、精神病などの重大な原因となっていることは、もはや一部の識者のみが知ることではなく、サラリーマン諸氏みずからもご存知のことと思う。
 
というわけで、運動の必要性は理解しているがヒマがない、というサラリーマン諸氏の健康管理のためにエ夫したのがここに紹介するトレーニング法である。ごく手軽に日常行なえるもの、健康を維持するのに十分効果のあるもの、という点を考慮し、人前で行なっても他人に気づかれないという利点もそなえたトレーニング法である。

●急ぎ足

 家から駅、駅から職場など、歩くところは通常の歩行より早いテンポで歩く。もちろん走るに越したことはないが、いずれにせよ、呼吸が激しくなるぐらいがよく、心臓、肺などを丈夫にし、持久力の養成になる。5~15分でよい。
記事画像1

2●階段上り

 駅、会社などの階段を2段ずつかけ上がる 心臓、肺などを丈夫にし脚力を強くする。3~4階ぐらいまで一気にかけ上がるとよい。
記事画像2

3●階段下り

 階段を1段ずつすばやくかけ下りる。運動神経の退化を防止する。
記事画像3

4●つり皮運動

<A>電車やバスに乗ったとき、手の平を顔の方に向けてつり皮を握り、肘を90°前後に曲げ、その角度をほぼ一定にしたまま、からだを引き上げるような気持で力コブに力をいれ腕や肩が張ってくるような感じがするまで続ける。左右交互に行なっても、同時に行なってもよい。上腕二頭筋、三角筋などが強化される。各々の腕につき1~2回行なえば十分

<B>腕を真直ぐ伸ばし、手の平を下に向けてつり皮をにぎり、手を下方に押しつけるような気持で腕に力を入れ、腕や肩、および広背筋などが張ってくるような感じがするまで続ける。上腕三頭筋、三角筋、広背筋、大胸筋などが強化される。各々の腕につき1~2回行なえば十分。
記事画像4
記事画像5
 以上のようなトレーニング法とともに、腹筋運動、腕立伏せなどを自宅で適当に行なうとさらによい。また、ここに紹介したトレーニング法は、日により、あるいは気分によって、週に2~3回程度実行すれば、健康管理の目的がほぼかなえられるだろう。(山野トレーニング・ルーム指導主任 福田 弘)

1●急ぎ足 2●階段上り
3●階段下り 4●つり皮運動
5●つり皮運動
月刊ボディビルディング1971年5月号

Recommend