フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

デイブ・ドレイパーの日誌

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1971年11月号
掲載日:2018.06.27
 ハワイの空は青かった。アーノルドと私は、ワイキキの白砂に身をよこたえて、太陽の光を全身にあびていた。

 眼をとじると、打寄せる波の音と、人びとのうち興じる声と、鳥の鳴き声がひとつの音楽となって私の耳をおそってくる。

 そこには、まったく別の世界が存在する。私は、この美しい音の世界を楽しみ続けるためなら、盲目になっても悔はない‥‥とさえフト思ったほどである。

 突然、シュワルツェネガーの大きな声が耳もとできこえた。「スゲー!!あのカワイコちゃんを見ろよ」

 私は眼をとじたままいった。「アーノルド、君は忘れたのかい? 僕は、この世で一番美しいペニーと結婚しているんだ。ペニー以外の女の子など、いくらカワイコちやんでも眼中にないんだよ」

 しかし、いつもならすぐハネ返ってくるアーノルドの答えはなかった。

 片目をあけてみると、もう彼の姿はそこになかった。

 白く光る遠くのなぎさを、1人のビキニの女の子と彼は歩いている。いつもながら、この天心爛漫のミスター・ユニバースは、すぐ誰とでも友だちになれるのであった。

 私はもう一度眼をとじた。あたたかい太陽が光の毛布となって私を包み込む。

 楽しかった過ぎし日の思い出が、走馬灯のように脳裡に浮んでは消えていった。

 師とあおぐジョー・ワイダー氏に、ニュージャージーのジムで会ったのがついこのあいだのような気がする。私がたずねていったとき、彼はたしかにこういった。

「よかろう。君がミスター・アメリカになるまで、私が責任をもって教えてあげよう」
海の向うの話

海の向うの話

「エッ? この私が?」私は友だちから"白くじら"とアダナされている自分のブクブクの体を考えて、思わずききかえした。

 たしかあの頃だった。ワイダー氏が私の体をひにくって"チビッコ・ドレイノパー"とアダナをつけたのは‥‥

 暑くなってきた。私は砂の上におきあがり、体にオイルをぬりながら、あたりを見廻す。アーノルドはどこかへ行ってしまって、人びとのざわめきの中に1人いる自分を見いだす。

 私は、思い出に沈むために、もう一度砂のうえにねころんだ。

 ……カリフォルニアのワイダー・ジムで、私はきちがいのように練習をつづけた。ワイダー氏からは1日おきに電話がかかってきて、私を励まし、私のトレーニング内容をチェックしてくれた。遠く3000マイルのかなたからである。

 やがて、私の体はそれに応えて、みちがえるように逞しくなった。

 テレビ会社から、映画出演の話もあった。映画に出演しながらも、トレーニングだけは必死に続けたあの頃……

 そしてミスター・アメリカ・コンテスト……怒号……拍手……優勝……栄光……さらにミスター ユニバース・コンテスト……

「へイ! まだ寝てるのかい?」アーノルドの大きな声が聞えて私は眼がさめた。

 いつのまにか寝てしまっていたらしい。あたりにはもう人影もまばらだった。太陽も海のかなたに沈もうとしている。

「さー、タ方のトレーニングの時間だぜ、行こう」

 アーノルドは私の手を引っばって立ち上がらせた。そうだ、あの可愛い鉄の塊りたちがジムで私を待っているんだ。

「行こう」私はアーノルドといっしょにジムに向って歩きはじめた。

(高山)
月刊ボディビルディング1971年11月号

Recommend