フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

ソ連と東欧諸国ボディビル界に進出

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1969年8月号
掲載日:2018.03.30
 ミスター・ユニバース及びミスター・オリンピアの両タイトルが、ロシヤと東欧諸国のビルダーに狙らわれている。彼等はこの両三年に獲得してみせると広言しているが、写真でみる如く、その体躯は貧弱であり、アメリカ一流のビルダーと比較すべくもない。

 だが、笑ってはおれない。かつてウェイト・リフティング王国を誇ったアメリカが、ソ連にお株を奪われて、現在みじめな立場にあることに心すべきである。又イギリスのボディビルダーたちが、長年アメリカの主要なコンテストにおいて、上位を占めることができなかったことを嘲笑していたが、1950年代の初期に、大レジ・パークが彗星のように出現した。今日ではリック・ウェインが斯界に輝いているのに思い及ばなくてはならない。

 ソ連政府は、この20年間ひそかにボディビルを研究し、その効果の著しいことを認めた結果大々的に奨励している。そのためにこのスポーツを実行する若者が激増している。

 ソ連ばかりでなく、チェコスロヴァキア、ポーランド、ユーゴスラビアでもボディビル流行の兆候がある。強健な肉体は万人いずれも要望するところである。

 最近リスアニヤ・ソヴィエット社会共和国の首都のカウナス市で催されたコンテストには、レニングラード、リガ、キエフ、タルト、等の諸市からも参加者があり、5千人のファンが集まる盛況であった。

 コンテストは年令と身長によって各3クラスに区別されて行われた。競技種目は、スクワット、デッドリフト、ベンチ・プレス、チンズ、スタンディング・ハイ・ジャンプであった。

 その後、この都市は多数の無料のボディビル・クラブをもつようになっている。

 最近スパルタク・スポート・ソサエティーが主催したレニングラードのコンテストの後で、スポーツ評論家のディミトリ・イワノフ氏は「ボディビルは怠惰者の創作でなく、全身を鍛える魅力のあるスポーツである」と力説した。(Mr.America)
記事画像1
記事画像2
1/最近リスアニア・ソビエト社会主義共和国の首都カウナスでボディビルの大コンテストが行なわれ、5,000人の大観衆を集めた。現在ソ連全土にビルダーの数が急増している。

2/ミスター・ルズニクに出場の選手たち。まだアメリカのボディ・ビルダーの敵ではないが、ソ連はボディビルの効果を認めて、これを大いに奨励している。
記事画像3
記事画像4
記事画像5
記事画像6
記事画像7
3/リスアニア共和国で行なわれた選手権の優勝者。

4/ビルビウスの町にあるボディビル・ジムの1つ。

5/モスクワの文化公園で行なわれたパワー・リフト大会の1コマ。

6/コーチからトレーニングの指示を受けるソ連のボディビルダー。

7/レニングラードにあるボディビル・ジムの内部。器具の多くは手製である。
月刊ボディビルディング1969年8月号

Recommend