フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

第4回ミスター・アポロ・コンテスト

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1976年9月号
掲載日:2018.03.31

糸崎貫禄の優勝

〇ステージに整列したミスター・アポロ出場選手たち。

〇ステージに整列したミスター・アポロ出場選手たち。

〇表彰台の上で得意なポーズを見せる上位3選手。左から2位・長宗五十夫、1位・糸崎大三、3位・東海林徹

〇表彰台の上で得意なポーズを見せる上位3選手。左から2位・長宗五十夫、1位・糸崎大三、3位・東海林徹

日本ボディビル協会主催の第4回ミスター・アポロ・コンテストは、7月11日(日)午前10時30分、明石市民会館にて、兵庫県ボディビル選手権大会と同時開催された。

第4代ミスター・アポ口のタイトルをねらって、全国各地より36名が参加、さらにミスター兵庫出場選手の中から16名が加わり、52名の選手によって熱戦が展開された。

その結果、優勝候補の筆頭と見られていた糸崎大三選手(石川)があぶなげなく優勝、続いて2位には長宗五十夫選手(兵庫)、昨年度のミスター・アポロである東海林徹選手(兵庫)は3位にとどまった。4位を獲得したのは“東北期待の新人”奥瀬昭雄選手(福島)。21才の若さながら、その迫力ある筋肉は優勝した糸崎選手に迫るかと思われた程である。以下5位に鉾之原尚選手(大阪)、6位に梅村輝雄選手(愛知)、7位には次の6選手が入賞した。浜田利文(兵庫)、船本寿一(兵庫)、中田米三郎(兵庫)、森田茂(広島)、岡本正信(神奈川)、福島一則(群馬)。なお、ゲスト・ポーザーには須藤孝三、杉田茂、石神日出喜の3選手が招かれ、円熟した体とポージングで観客の拍手を浴びた。
優勝〇糸崎大三 ダイナミックなポージングで観客を魅了した糸崎選手。ベストの体調ではなかったが、日本トップ・ビルダーの貫禄を見せてタイトルをものにした。

優勝〇糸崎大三 ダイナミックなポージングで観客を魅了した糸崎選手。ベストの体調ではなかったが、日本トップ・ビルダーの貫禄を見せてタイトルをものにした。

2位〇長宗五十夫

2位〇長宗五十夫

3位〇東海東徹

3位〇東海東徹

4位〇奥瀬昭雄

4位〇奥瀬昭雄

5位〇鉾之原尚

5位〇鉾之原尚

6位〇梅村輝雄

6位〇梅村輝雄

ゲスト・ポーザー〇須藤孝三

ゲスト・ポーザー〇須藤孝三

7位〇船木寿一

7位〇船木寿一

7位〇浜田利文

7位〇浜田利文

ゲスト・ポーザー〇杉田 茂

ゲスト・ポーザー〇杉田 茂

7位〇中田米三郎

7位〇中田米三郎

7位〇森田 茂

7位〇森田 茂

ゲスト・ポーザー〇石神日出喜

ゲスト・ポーザー〇石神日出喜

7位〇岡本正信

7位〇岡本正信

7位〇福島一則

7位〇福島一則

月刊ボディビルディング1976年9月号

Recommend