フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

第2回ミスター・アポロ・コンテスト
新星榎本正司選手アポロを制す

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1974年10月号
掲載日:2018.07.01
記事画像1
 1974年度ミスター・アポロ・コンテストは9月1日、東京・日本青年館大ホールで行われ、全国各地から70名を超す選手たちが出場して、ミスター・アポロのタイトルを競い合った。
 まずこの大会で特筆されるのは新星・榎本正司選手の出現である。かつて須藤孝三選手が見事なプロポーションと逞しい脚で颯爽とデビューし、いきなり1971年度ミスター日本5位に入賞してボディビルファンをアッといわせたが、この日の榎本選手もまさにその再現と言っても過言ではない。上半身、とくにキレのよい腹筋は抜群で、この日の話題を1人でさらってしまった。下半身もバルクはあるがキレがもう一つ不足していたが、この欠点さえ補えば10月5日のミスター日本コンテストのダークホースとなるだろう。ただポージングが規定時間をオーバーしてしまったのが惜しまれる。実力伯仲の選手がそろうミスター日本では、こんなちょっとしたミスが大きく影響してくるので、練習のときから充分留意する必要があろう。
 こうして榎本選手のフレッシュな印象があまりにも強烈だったが、2位以下の選手たちも昨年よりは着実に進歩のあとをうかがえた。2位になった加藤一男選手(東京)以下上位に入賞した選手たちは1ヶ月後のミスター日本コンテストで、いずれも上位に進出するにちがいない。
 3位以下の成績は次のとおり。
3位・三浦巌一(福島)、4位・牧島進一郎(福岡)、5位・石川長男(神奈川)、6位・古谷喜久男(東京)
 なお、この日、来日中のジム・モリス('73ミスター・アメリカ)が特別ゲストとして、素晴らしい筋肉とポージングを披露した。また今年度のミスター日本を目指していちだんと逞しくなった須藤選手もゲスト・ポーザーとして登場した。
1位●榎本正司選手

1位●榎本正司選手

2位●加藤一男選手

2位●加藤一男選手

3位●三浦巌一選手

3位●三浦巌一選手

4位●牧島進一郎選手

4位●牧島進一郎選手

5位●石川長男選手

5位●石川長男選手

6位●古谷喜久男選手

6位●古谷喜久男選手

月刊ボディビルディング1974年10月号

Recommend