フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

1978年度第2回全日本アームレスリング選手権大会

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1978年8月号
掲載日:2018.07.23

森本<軽量級>水上<中量級>南波<重量級>が優勝

“腕相撲日本一”を競う第2回全日本アームレスリング選手権大会が6月25日、東京・新宿のスポーツ会館で開催された。全国から集まった腕自慢40名が軽・中・重の3クラスに分かれて4時間に及ぶ熱戦を展開した。

 軽量級(65kg未満、出場選手12名)では、予選の第一試合で昨年度のチャンピオン鈴木正一選手が破れるという番狂わせがあり、結局、森本文博選手が決勝リーグ5戦全勝で優勝、2位・長屋泰郎、3位・実川実選手と決定。
軽量級・長屋対森本(右)。長屋破れて2位。

軽量級・長屋対森本(右)。長屋破れて2位。

軽量級の最後の一戦。市川対森本。森本勝って5戦全勝。

軽量級の最後の一戦。市川対森本。森本勝って5戦全勝。

 中量級(65kg以上80kg未満、出場選手21名)は決勝リーグで昨年度チャンピオン伊藤政明選手が田崎二郎選手、水上彪選手(ともに松戸ボディビル・センター)の師弟コンビに破れて優勝争いから脱落。結局、水上彪選手が5戦全勝で優勝。2位・3位は伊藤、矢作の両選手がともに3勝2敗となり順位決定戦の結果、2位・伊藤政明選手、3位・矢作重男選手と決定。
中量級・水上彪選手(左)は昨年度チャンピオン伊藤政明選手を破って優勝を決定。

中量級・水上彪選手(左)は昨年度チャンピオン伊藤政明選手を破って優勝を決定。

 重量級(80kg以上、出場選手7名)は出場選手が少なかったため予選を省略して、いきなり7名による決勝リーグ戦に入った。このクラスは、なんといっても第1回グランドチャンピオン南波勝夫選手(山形トレーニング・センター)が健在で、全く他を寄せつけず6戦全勝で優勝。2位は5勝1敗の金城正勝選手(スカイ・ジム)、3位に福岡輝政選手が入った。
重量級の南波対金城。ともに5戦全勝同志の対戦で、この一戦に勝った方が重量級のチャンピオンに。結局、南波勝夫選手が勝って、重量級2年連続制覇。

重量級の南波対金城。ともに5戦全勝同志の対戦で、この一戦に勝った方が重量級のチャンピオンに。結局、南波勝夫選手が勝って、重量級2年連続制覇。

 なお、今大会では、各クラス優勝者によるグランド・チャンピオン決定戦は行われなかった。
月刊ボディビルディング1978年8月号

Recommend