フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

ニュース 1981年1月号

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1981年1月号
掲載日:2020.03.18

■第6回愛知県新人パワーリフティング大会

昭和55年11月9日 於=蒲郡市体育館
[註]☆印は大会新記録 (記録=副理事長・伊藤定春)

[註]☆印は大会新記録 (記録=副理事長・伊藤定春)

■第1回兵庫県パワーリフティング選手権大会

昭和55年11月16日 於=神戸市立中央体育館
(兵庫県パワーリフティング協会理事長・吉田忠男)

(兵庫県パワーリフティング協会理事長・吉田忠男)

〔第1回兵庫県パワーリフティング選手権大会の入賞者と役員。右は82.5㎏万田選手のスクワット260㎏〕

〔第1回兵庫県パワーリフティング選手権大会の入賞者と役員。右は82.5㎏万田選手のスクワット260㎏〕

■第6回中部日本パワーリフティング選手権大会

昭和55年11月23日 於=愛知県体育館
(記録=愛知県パワーリフティング協会理事長・山崎義夫)

(記録=愛知県パワーリフティング協会理事長・山崎義夫)

■1980年度第3回ミスター浜松コンテスト
優勝・手老英一、2位・高田泰樹

 静岡県ボディビル協会主催の今年最後のコンテストが、11月9日、浜松市佐藤町の会館で開催された。例年なら肌寒さを感じさせる季節ですが、今年は非常にあたたかく、20余名の出場選手はいずれも自己最高のコンディションでポージングに取りくんでくれ、市単位の大会としては全国的に見てもたいへん盛りあがった大会であった。
 ゲストには昨年度のミスター静岡・伊藤実、今年度のミスター静岡・工藤敏蔵、昨年度のミスター浜松・花島義郎の3選手が華麗なポージングを披露してくれた。コンテストの結果は次のとおり。

1位・手老 英一(31歳)  4位・大友 英治(28歳)
2位・高田 泰樹(27歳)  5位・金原 直行(24歳)
3位・高田 明(28歳)
(レポート=松浦純大、写真=吉田八十八
)
〔第3回ミスター浜松コンテストの決勝ポージング(左)とゲスト3選手。左から花島、工藤、伊藤〕

〔第3回ミスター浜松コンテストの決勝ポージング(左)とゲスト3選手。左から花島、工藤、伊藤〕

月刊ボディビルディング1981年1月号

Recommend