フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

第17回ミスター東京コンテスト、第7回ミスター東日本チャンピオン大会

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1982年9月号
掲載日:2018.10.29

川上昭雄(ミスター東京)、佐藤啓治(ミスター東日本)優勝

 1982年度第17回ミスター東京コンテスト、ならびに第7回ミスター東日本コンテストが8月8日、中野公会堂で行われ、ミスター東京に川上昭雄選手、ミスター東日本チャンピオンに佐藤啓治選手が選ばれた。
 ミスター東京コンテストは出場選手67名と、数においてもレベルにおいても、これまでに例を見ない盛りあがった大会であった。中でも川上、高西、井口、小沼の4選手が傑出しており、当然、優勝争いはこの4人にしぼられた。その結果、小柄ではあるがバルク、デフィニションの両面にすぐれた川上が優勝。井口はプロポーションとカットの面では申しぶんないが、全身的にもうひと回りのバルクが欲しい。小沼と高西は、大型でバルクは一流だが、キレがもうひとつ。また、優勝した川上に望みたいのは、プレジャッジ、決勝を通じてのポージングで、もっとファイトを表に出して戦ってもらいたい。そうすれば、今年のミスター日本ではかなり上位にくい込めるのではないだろうか。
 ミスター東日本チャンピオン大会は8選手が出場したが、舟橋、大本を除いて実力が伯仲、大接戦となった。その結果、体形的に恵れ、バルクとカットがよかった佐藤が優勝。2位に関口、3位に白坂が入った。
 両コンテストの成績は次のとおり。
記事画像1
宮畑豊選手の日本刀を使ってのゲスト・ポージング

宮畑豊選手の日本刀を使ってのゲスト・ポージング

ミスター東京コンテスト。左から二位・小沼、一位・川上、三位・井口

ミスター東京コンテスト。左から二位・小沼、一位・川上、三位・井口

ミスター東日本チャンピオン大会。左から二位・関口、一位・佐藤、三位・白坂

ミスター東日本チャンピオン大会。左から二位・関口、一位・佐藤、三位・白坂

ミスター東京優勝・川上昭雄選手

ミスター東京優勝・川上昭雄選手

ミスター東京2位・小沼敏雄選手

ミスター東京2位・小沼敏雄選手

ミスター東京3位・井口吉美智選手

ミスター東京3位・井口吉美智選手

ミスター東京4位・高西文利選手

ミスター東京4位・高西文利選手

ミスター東京5位・白田昌己選手

ミスター東京5位・白田昌己選手

ミスター東京6位・西垣昌宏選手

ミスター東京6位・西垣昌宏選手

東日本チャンピオン大会優勝・佐藤啓治選手

東日本チャンピオン大会優勝・佐藤啓治選手

東日本チャンピオン大会2位・関口敏夫選手

東日本チャンピオン大会2位・関口敏夫選手

東日本チャンピオン大会3位・白坂義夫選手

東日本チャンピオン大会3位・白坂義夫選手

東日本チャンピオン大会4位・岡本正信選手

東日本チャンピオン大会4位・岡本正信選手

東日本チャンピオン大会5位・三田村 明選手

東日本チャンピオン大会5位・三田村 明選手

東日本チャンピオン大会6位・六本木 昇選手

東日本チャンピオン大会6位・六本木 昇選手

月刊ボディビルディング1982年9月号

Recommend