フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

ポージング・クリニック
1980年度ミスター日本2位
クラスII優勝 石井直方

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1981年3月号
掲載日:2020.04.23
批評★窪田 登
①石井直方君(25歳) 1980年度ミスター・日本コンテストでクラスⅡに優勝し、

①石井直方君(25歳) 1980年度ミスター・日本コンテストでクラスⅡに優勝し、

②ともかく上体の発達かすばらしい。久し振りの大型選手だ。今後もっともっと発達が期待される。ポージングもよい。カットとバルクがとくに上体を逞ましく見せている。たが、上体に比して脚がいくぶん見劣りする。多分、コンテスト前に腰を痛めていたので、十分な下体のトレーニングができなかったためなのかも知れない。

②ともかく上体の発達かすばらしい。久し振りの大型選手だ。今後もっともっと発達が期待される。ポージングもよい。カットとバルクがとくに上体を逞ましく見せている。たが、上体に比して脚がいくぶん見劣りする。多分、コンテスト前に腰を痛めていたので、十分な下体のトレーニングができなかったためなのかも知れない。

③よくこれたけ腹の周辺をしほれたものと思う。腹直筋から外腹斜筋、そして前鋸筋にかけてのデフィニッションが、まるで絵に描かれたようにはっきりとしている。それに腕の太さも群を抜いている。

③よくこれたけ腹の周辺をしほれたものと思う。腹直筋から外腹斜筋、そして前鋸筋にかけてのデフィニッションが、まるで絵に描かれたようにはっきりとしている。それに腕の太さも群を抜いている。

④曽ってのミスター・エブリシングこと、アメリカのジョン・クリメックを彷彿とさせるポーズである。全体のバランスもすばらしい彫像的なポーズだ。アフトミナル・バキュームが圧巻。腹筋がずいぶん強いのだろう。

④曽ってのミスター・エブリシングこと、アメリカのジョン・クリメックを彷彿とさせるポーズである。全体のバランスもすばらしい彫像的なポーズだ。アフトミナル・バキュームが圧巻。腹筋がずいぶん強いのだろう。

⑤上体のバルク、デフィニッション、セパレーションのどれをとり上げても高水準だ。下腿部の発達が不足している感が強い。

⑤上体のバルク、デフィニッション、セパレーションのどれをとり上げても高水準だ。下腿部の発達が不足している感が強い。

⑥欧米人にひけをとらぬ上体の充実度だ。末光君の上体をそのまま大型化したような感じがするが、これはただ筆者ばかりの感想ではあるまい。顔の向け方もうまい。これで左側の胸鎖乳突筋が誇示されて、上体の逞ましさを一段と強調している。

⑥欧米人にひけをとらぬ上体の充実度だ。末光君の上体をそのまま大型化したような感じがするが、これはただ筆者ばかりの感想ではあるまい。顔の向け方もうまい。これで左側の胸鎖乳突筋が誇示されて、上体の逞ましさを一段と強調している。

⑦サイド・ボーズがこのあともう一葉続くが、いずれも腕を下に下げたもので、まことにユニークだ。石井君はこのコンテストに備えてかなりポージングを研究してきた模様である。こうしたサイド・ポーズで成功するタイフは、ウエストが細く、胸部の厚いビルターに限られる。むろん肝心の肩から腕にかけてのバルクが必要である。

⑦サイド・ボーズがこのあともう一葉続くが、いずれも腕を下に下げたもので、まことにユニークだ。石井君はこのコンテストに備えてかなりポージングを研究してきた模様である。こうしたサイド・ポーズで成功するタイフは、ウエストが細く、胸部の厚いビルターに限られる。むろん肝心の肩から腕にかけてのバルクが必要である。

⑧変わったボースだ。それでいてバランスがとれている。上体のカットに対して、脚にそれがないのか淋しい。これで脚にカットがあれば審査員の評価がずいぶん変ったかも知れない。下に伸ばした右腕の太さに注目されたい。これだけ太い腕は日本人ビルターの中で珍らしいのではないか?

⑧変わったボースだ。それでいてバランスがとれている。上体のカットに対して、脚にそれがないのか淋しい。これで脚にカットがあれば審査員の評価がずいぶん変ったかも知れない。下に伸ばした右腕の太さに注目されたい。これだけ太い腕は日本人ビルターの中で珍らしいのではないか?

⑨よく研究したボースである。全体のバランスがよい。三角筋が目立つ。

⑨よく研究したボースである。全体のバランスがよい。三角筋が目立つ。

⑩上体のV字型の広かりか形よい。しかし固有背筋と下腿三頭筋の発達が望まれる。最近、活躍をしている世界的ビルダーは大体30歳から40歳の人たちだ。いま25歳の石井君の前途は洋々たるものがある。将来、外国のビルターと覇を競わせてみたいビルターの一人である。健斗を祈りたい。

⑩上体のV字型の広かりか形よい。しかし固有背筋と下腿三頭筋の発達が望まれる。最近、活躍をしている世界的ビルダーは大体30歳から40歳の人たちだ。いま25歳の石井君の前途は洋々たるものがある。将来、外国のビルターと覇を競わせてみたいビルターの一人である。健斗を祈りたい。

月刊ボディビルディング1981年3月号

Recommend