フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

効率よく体づくりをしたい方必見!ジムでしかできない効果的なトレーニング

この記事をシェアする

0
掲載日:2021.12.01
記事画像1

加圧トレーニングとは

加圧トレーニングとは専用のベルトを巻くことにとって容易に低酸素状態をつくるためのトレーニングです。
低酸素状態とは血液や筋肉中の酸素量を50%程度制限した状態のことをいいます。
低酸素状態を作ることによって得られる効果が3つあります。
1つ目が脂肪燃焼効果、2つ目が筋肉を付ける効果、3つ目が心肺機能や血管を鍛える効果です。
ここではそれぞれのメカニズムについてご紹介していきます。
記事画像2

加圧トレーニングの3大効果

1.脂肪燃焼効果

脂肪燃焼は心拍数が深く関わっており、ファットバーンゾーンを言われる心拍数まで上げることができると脂肪燃焼が始まります。
加圧トレーニングで低酸素状態を作ると、心臓がより多くの血液を送り出そうと働き、その結果心拍数が素早く上昇します。
脂肪燃焼に効果的な有酸素運動は運動開始20分から効果が出ると言われていますが、加圧トレーニングでは運動開始1分からでも脂肪燃焼が始まるため、とても合理的に脂肪燃焼効果が得られます。

筋肉を付ける効果

加圧トレーニングで低酸素状態を作ると、女性や高齢者の方でも扱える軽い重さであっても無酸素運動になります。したがって無酸素運動の代謝産物である乳酸が多量に分泌され、成長ホルモンの分泌が盛んになります。
この成長ホルモンの働きによって筋肉が付きます。加圧トレーニングにおける成長ホルモンの分泌は、平常安静時の100~300倍にも及ぶと言われています。また、無酸素運動になるため、筋肥大に重要な速筋繊維も使う事になり、合理的に筋肉を発達させることができます。

心肺機能や血管を鍛える効果

低酸素状態を作ると、筋肉に血液をより多く迎え入れようとするため血管が膨張します。また、除圧を行う際には血管の収縮が行われます。このように血管の運動が盛んになる為、筋肉だけでなく血管も同時に鍛えることができます。また心拍数の上昇も大きい為、心肺機能の向上にも効果的です。血管を鍛えることによって動脈硬化や生活習慣病の予防につながります。

加圧トレーニングが向いている人(おすすめしたい人)

加圧トレーニングを取り入れることを特におすすめしたいのは以下のような方です。

・脂肪燃焼効果があるためダイエットをしたい人
・体力レベルが低い運動初心者
・リハビリが必要な人

先ほど解説したように加圧により重い重りを扱わなくても効果が出るため高負荷のトレーニングが難しい方や効率よくダイエットしたい方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

加圧トレーニングが気になった方は一度体験トレーニングを試してみてください。
Oz麻布十番店では現在体験トレーニング募集中です。
体験のお申し込みはお電話、ホームページ、インスタグラムのDMで承っております。
  • 横濱優斗
    Oz麻布十番店 技術部主任
    TEL:03-3560-2835
    HP:https://www.oz-kaatsu.com/
    Instagram:@ozazabujuban
    YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCiF6Kn-LKDT6Q8E7p_ZS8wQ