フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping
  • トップ
  • フィットネス
  • 【街ジム訪問】トップクラスの選手も所属。気の合う仲間たちで切磋琢磨していくトレーニングジムチャンピオン平塚 #1

【街ジム訪問】トップクラスの選手も所属。気の合う仲間たちで切磋琢磨していくトレーニングジムチャンピオン平塚 #1

この記事をシェアする

112
掲載日:2017.08.07
記事画像1
今回お邪魔したのは、神奈川の西、平塚にあるトレーニングジムチャンピオン平塚。
平日の夜、大会の前ということもあってか、多くの会員の方がトレーニングをしていて活気あるジムです。ボディビルやフィジークの大会でトップクラスの選手たちもトレーニングをしていました。

経験の浅い会員にも、ヘルプに入ったり、アドバイスをしたり。皆さん真剣ながら楽しそうに集う様子はまるでクラブ活動のようです。
多くの会員を惹きつけるジムの魅力を伺いました。
こちらのビルの4Fがトレーニングジム チャンピオン平塚。夜も明かりがついてトレーニングしています。

こちらのビルの4Fがトレーニングジム チャンピオン平塚。夜も明かりがついてトレーニングしています。

入り口には靴が溢れるくらい。盛況です!

入り口には靴が溢れるくらい。盛況です!

限られたスペースながら、フリーウェイトのトレーニング器具が充実しています。

限られたスペースながら、フリーウェイトのトレーニング器具が充実しています。

ロッカーや着替えスペースも用意されています。

ロッカーや着替えスペースも用意されています。

会員に支えられて。平塚でフリーウェイトトレーニングできるジム

前オーナーから引き継いで代表を務める、川村耕二さん。

前オーナーから引き継いで代表を務める、川村耕二さん。

川村代表はJBBFの1級指導員、2級審査員の資格をお持ちです。

川村代表はJBBFの1級指導員、2級審査員の資格をお持ちです。

■トレーニングジムチャンピオン平塚は川村代表が引き継いで2代目ということですね。

(川村代表) 初めは私もここに通っていた会員でした。先代が3年ほどやっていたのですが、故郷に帰らなくてはならないので閉めようかという話が出たんです。
そのときに続けたいという思いから平成5年に私が引き継ぎました。

もともと、この平塚にはこのようなトレーニングができるジムがなかったもので、トレーニング好きな人たちが集まってきていたんです。
機材もかなり入れ替えました。みんな熱心にトレーニングをしているので結構消耗は激しいんですよ(笑)。

以前は会長として、私が常駐してトレーニングを見ていました。先代はトレーニング中心のジムでしたが、私の代になってずいぶん変えてきましたよ。
JPCやJBBFの会員となり、指導員や審査員の資格もとってね。

ただトレーニングするだけでなく、大会に出場したりできるような環境を整えていきました。
目標を持つことでやる気も出ますから。目に見える成果を得られるようにしようと考えたのです。

体を作る究極がボディビルディング。でも基本は体づくりから

記事画像8
■トレーニングジムチャンピオン平塚の会員は大会に出られる選手が多いのですか?

最初はベンチプレスの大会にジムのみんなで出場しました。強い人は3位くらいには入りましたが、自分たちでは一生懸命やっているつもりでも全国にはもっとすごい人たちがたくさんいます。
自分の立ち位置がわかるというか、きっかけになりました。
もっとやれるはずだという気持ちが強くなったんです。

今はボディビルを目標としている会員が多いですね。
ボディビルで勝つのは難しい。目に見える筋肉をパーツごとにバランスよく大きくしていく必要があります。
トレーニング1年くらいでそんなに急に筋肉がつくわけではありません。

体脂肪率を下げるために減量もしなくてはいけないけど、食べない減量ではありませんしね。

パワーリフティングは持ちあげる重量で勝負するもの。パワーリフティングが力の究極だとすると、筋肉の発達を競う体の究極がボディビルディングだと私は考えています。

一般の人たちは私たちのようなジムに入るのは敷居が高いと感じてしまいがちだと思いますが、本当はそうじゃないんです。

ボディビルの大会を目指す人ばかりがいるわけではありません。
基本はまず体を鍛える、そこがすべての入り口なんです。

鍛える=筋肉が簡単に付くと思われてはいけません。筋肉をつけるって並大抵のことではないんです。
トレーニングをしていくうちにもっとやりたいとなってきたら、食の勉強やサプリメントの知識もつけなくてはいけないし、
トレーニング方法についての勉強もするようになっていくんです。
いろいろなことを試しながら学んでいくことがボディビルには必要だと思います。

ボディビルの見せる筋肉とアスリートの使う筋肉はまた違うものです。
目的によってトレーニングの仕方も違ってきます。
そのようなことを勉強したり、会員同士で情報を交換したりしながら、切磋琢磨して体を鍛える。
そしてそれぞれの目的に沿った健康な体を作るのがトレーニングジムチャンピオン平塚の特徴です。

ジムがなくなるかもしれないとなった時に、どうしてもなくならないで欲しかった

現トレーニングジム チャンピオン平塚の会長を務める、平山勉さん。

現トレーニングジム チャンピオン平塚の会長を務める、平山勉さん。

■今は川村代表の後を継いで平山さんが会長を勤めていらっしゃるのですね。

(平山会長)はい、現在代表の川村が、家庭の事情でジムを閉めるという話になって、そのとき通っていた私を含む会員何名かが閉めないでほしいということで、私が会長を引き継ぎました。

私は長崎の対馬出身で故郷でもジムに通ってベンチプレスをしていたんです。
プロレス好きな先輩の影響で、彼に負けないくらい強くなりたくて始めました。
体つきも変わって、あげられる重量も増えてきてハマっていったんですね。
当時はシュワルツェネッガーが憧れでした。

社会人になってこちらに出てきたときに、トレーニングを続けたいと思ったのですが、
なかなか思うようなフリーウェイトトレーニングができるジムがなかったのです。
偶然、トレーニングジムチャンピオン平塚の会員募集ポスターを街で見かけまして。1991年のことです。
故郷のジムと似たような雰囲気があって、フリーウェイトの機材が揃っていて、私には理想的でしたね。

会員同士のつながりで挫折しにくく通いやすい!

記事画像10
■トレーニングジム チャンピオン平塚の雰囲気を一言で言うと?

会員同士、仲はいいですよ。馴れ合いとかではなくて、コミュニケーションをとりながらトレーニングをしています。
知識が豊富な会員が他の人を指導したりして、和気あいあいとした雰囲気です。
会員同士で連絡を取り合って次はいつの何時頃行くとか、情報を共有しているので、挫折しにくいのかもしれません。

会員数は今23〜24名と決して大きなジムではありませんが、いわゆる幽霊会員のような人はとても少ないですね。
全国レベルで活動している選手もいて、彼らのトレーニングを間近で見たり、アドバイスを受けたりできるのもこの規模ならではの距離感でしょう。
だいたいみなさん少なくとも週に1回は通っています。

私たちはトレーニング好きの集まりです。年越しやお正月も集まって、除夜の鐘じゃなくて、108のトレーニングをやったりします(笑)。
たまには海辺でBBQをやったりすることもあって、アットホームな仲間たちですよ。

全国トップクラスの選手から初心者まで、持っている知識を共有しながらトレーニングするクラブ

記事画像11
経験の浅い会員には平山会長をはじめ、経験豊かな先輩が指導します。

経験の浅い会員には平山会長をはじめ、経験豊かな先輩が指導します。

■トレーニングジム チャンピオン平塚の会員はどのような方がいらっしゃるのでしょう?

過去にはボディビルのトップ選手、加藤直之氏が在籍していましたし、ビーチが近いので、ビーチバレーの代表選手がトレーナーと一緒にこちらでトレーニングをしていたりもしていました。ベンチプレスの世界チャンピオンもいます。

このトレーニングジム チャンピオン平塚には専属のトレーナーは置いていません。

全くトレーニングの経験がないという人は、私がジムに来れる時間に合わせてトレーニングができる方に限りご入会いただくようにしています。
それぞれの目的と体力や筋肉に合わせて指導する必要があるからです。

最初は器具の使い方を説明してフォームやどの程度の負荷をかけるかなどメニューも含めて指導します。
ある程度慣れてくれば、私がいないときも指導できる知識と経験のある会員が指導することもできます。

今も1人最近通うようになった会員がいるんですが、彼にアドバイスしたり教えたりしながらみんなで育てていくという感じです。

私は会長をやらせてもらっていますが、仕事の関係で、どうしてもこちらに来る時間が遅くなったりすることが多いんです。
でも他のみんなが温かく迎え入れて指導してくれるので安心しています。

スキマ時間でトレーニング! いつでも気軽に立ち寄れるのもメリット

■ジムの営業時間はどのようになっていますか?

ジムの営業は年中無休。時間は一応朝10:00〜夜10:00までとなっています。
しかし、会員の方の都合に合わせていつでも利用可能です。大会前にトレーニングをしたい人や、仕事が遅くなった人が会社帰りに寄ってトレーニングすることも可能です。
自主的に自分のペースでトレーニングをしたい人向きですね。

お近くにいらっしゃる方は15分くらいの隙間時間を利用してトレーニングしたりというのもアリです。構えなくても気軽にふらりと立ち寄れるジムですよ。

大会を目指すとかではなく、体を鍛えたい、トレーニングをしたいという一般の方も、やる気さえあればウェルカムです。
これからもトレーニング好きな人たちが集まって、ずっと長くこのジムを続けていけたらいいですね。




文:Aya Wada
写真:TOWALK2002写真事務所




▼【街ジム訪問】トレーニングジムチャンピオン平塚編
・ボディビル審査員が教える、理論に基づいた体づくりができるジム! #1
・2017オールジャパン メンズフィジーク大会2位の小泉憲治選手も在籍、活躍する選手たち #2



今回取材にご協力頂いた
トレーニングジムチャンピオン平塚 の情報はこちら


トレーニングジムチャンピオン平塚 Facebook


■住所
〒243-0004 神奈川県 平塚市明石町26-6中央ビル4F
(最寄り駅:平塚駅北口出口から徒歩約8分)

■TEL
0463-24-0491

■営業時間
年中無休
10:00〜22:00

■ご入会金について
只今の期間、入会金は頂いておりません。
月会費は 8,000 円(税込)となっております。

Recommend