フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

ダイエットで取り組むべき優先順位⑤ サプリメント

この記事をシェアする

0
掲載日:2021.02.03
記事画像1
フィジークオンラインをご覧の皆様、三橋忠です。(加圧トレーニングスタジオHAPPINESS&ハピネス整骨院院長、ファイン・ラボフィットパーソナルトレーナー・横浜医療専門学校非常勤講師)

今回は「ダイエットで取り組むべき優先順位⑤」ダイエットサプリメントの役割について紹介していきます。

ダイエットサプリメントの分類

ダイエットサプリメントは大きく分類して4つあると思います。今回5つに分類したのは、⑤の五大栄養素補完系のビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸が健康のベースを保つので、そのベースが疎かな状態でダイエットサプリメントを摂っても効果が体感しづらいという理由からです。

①脂肪燃焼系=脂肪の分解、運搬、燃焼をサポートする。
カフェイン、CLA、フォルスコリン、カルニチン、COQ10

②カロリーカット系=糖質、脂肪の吸収を抑える。
ギムネマ、キトサン

③食欲コントロール系=空腹を感じにくくしたり、食欲をコントロールします。
ガルシニア、リローラ

④デトックス系=便秘、むくみの改善、胃・腸内環境整備
食物繊維、乳酸菌、消化酵素

⑤五大栄養素補完系
ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸

この中でサプリメントの優先順位をつけるなら、1位⑤五大栄養素補完系、2位①脂肪燃焼系、3位③食欲コントロール系、4位④デトックス系、5位②カロリーカット系という形です。
やはり前回説明した5大栄養素の確保がまずは大事です。
今回は①の脂肪燃焼系のサプリメントを紹介して行きます。

脂肪燃焼系サプリメントのメカニズム

記事画像2
①体脂肪を減らす工程として、体脂肪を分解→運搬→燃焼する必要があります。
体脂肪はグリセロールと脂肪酸で構成されていますが、これをハサミで切るように「分解」して遊離脂肪酸(F)にします。この分解の過程で有効な成分が下記になります。

分解:カフェイン(アドレナリンを刺激)、CLA(脂肪分解酵素の活性化) 、カプサイシン(食べると体温上がる食品は脂肪分解酵素を活性化します)、シネフリン、フォルスコリン→コーヒー、緑茶、ひまわり油、乳製品 

②分解された遊離脂肪酸を燃焼炉であるミトコンドリアまで「運搬」する必要があるのですが、その時に遊離脂肪酸と結合して運搬するのがカルニチンになります。
トラックのカルニチン号に遊離脂肪酸を載せて運搬するイメージです。
つまりはカルニチンが不足していると、遊離脂肪酸の運搬が鈍ります。

運搬:カルニチン→羊肉、牛肉

③カルニチンによって運搬された遊離脂肪酸はミトコンドリア工場で燃焼します。その燃焼効率を良くするサプリメントは下記になります。

燃焼:COQ10(ミトコンドリアでのエネルギー産生を高め、燃焼効率を良くする) →赤身肉類、光物の魚、ほうれん草 オリーブオイル

そしてミトコンドリアを活性化させる成分が、グリシン、タウリン、カルニチンです。
特に、運搬で必要なカルニチン、燃焼で必要なCOQ10は加齢に伴い不足しがちですので、ダイエット期間、スポーツの試合期などは、これらのサプリメントを摂るのも有効です。
カルニチン単体、COQ10単体で摂取するより、これらの成分がまとめて入ったフォーミュラータイプのダイエットサプリメントをお勧めします。

脂肪を燃やす為の運動生理学

運動生理学では、体脂肪の「分解」を上手にする為には交感神経を刺激することが重要です。普段から生活で「眠たいなあ」と言っている時は身体は副交感神経が優位で身体が覚醒状態ではないので、これでは体脂肪は分解しません。
そこで、簡単に交感神経を刺激するのが運動になります。運動をすれば分解、運搬、燃焼の全てを行えます。

ではなぜ運動をしても脂肪が減らないのか。
それはカロリー摂取の収支状況がプラスに傾いてると、せっかく脂肪が減っているのにまた脂肪を増やしてしまっているので、分解・運搬・燃焼を起こしても身体に変化が起きません。
前回の勉強会コラムの「カロリー摂取の収支状況」「三大栄養素の比率・種類」「食事回数・時間」「ビタミン・ミネラル・水」がベースとしてあると、体脂肪の減少は楽に行えます。

まとめ

ダイエットサプリメントは、体脂肪の分解、運搬、燃焼の工程を踏まえて考えると、ダイエットに必須だということが分かったと思います。不足している成分を見極めて、楽にダイエット期間を乗り切りましょう。
今回で「ダイエットで取り組むべき優先順位」のコラムシリーズは最終回でしたが、また次回は別な角度からダイエットコラムを書いて行きます(^^)

筋トレのお得な8大メリット

  • 三橋 忠
    加圧トレーニングスタジオHAPPINESS&ハピネス整骨院 代表
    ファイン・ラボフィット パーソナルトレーナー
    大手スポーツクラブのチーフトレーナー・責任者を経験した後、パーソナルトレーニングスタジオ店長として4年間勤務し、整形外科・接骨院でもキャリアを積み、2011年に加圧トレーニングスタジオHAPPINESS&ハピネス整骨院を開業。パーソナルトレーニングで年間3500 セッションの指導を行う。

    <資格>
    ・厚生労働大臣認定柔道整復師
    ・加圧スペシャルインストラクター
    ・米国認定ストレングス&コンディショントレーナー(NESTA-PFT)
    ・キネシオテーピングトレーナー

    <競技実績>
    2008年ボディビルMr茨城 準優勝
    2008年ボディビルMr茨城70kg以下級 準優勝
    2009年ボディビルMr茨城70kg以下級 優勝