フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • トップ
  • フィットネス
  • 第1部 現役理学療法士が選ぶ、上半身トレーニングの質が激変する神筋〜僧帽筋&前鋸筋〜

第1部 現役理学療法士が選ぶ、上半身トレーニングの質が激変する神筋〜僧帽筋&前鋸筋〜

この記事をシェアする

0
掲載日:2019.03.15
記事画像1

目次

・シンプルに肩の構造を理解する(肩甲胸郭関節に着目して)
・肩甲骨の動きの問題と、肩の痛みとの関係性
・僧帽筋と前鋸筋の機能解剖

・神筋トレーニング法
まずはじめに、肩関節とは『肩関節複合体』といいます。

・胸鎖関節
・肩鎖関節
・肩甲胸郭関節
・肩甲上腕関節

この4つの関節により上肢の運動を担っています。
いわゆる一般の方がいう肩関節とは4つ目の肩甲上腕関節のことを指しています。

前回は肩甲上腕関節に着目しましたが、
今回は『肩甲胸郭関節』の構造を中心としてお話していきます。

シンプルに肩の構造を理解する(肩甲胸郭関節の着目して)

肩甲胸郭関節は、その名の通り肩甲骨と胸郭との間の関節です。
記事画像2
基本的な動きは、以下の通り。
記事画像3
・挙上と下制
・内転と外転
・上方回旋と下方回旋
記事画像4
・前傾と後傾
・内旋と外旋
と、非常に動きの多様性があります。
肩甲骨の内旋と外旋という動きに関しては少し聞きなれないかもしれませんので説明しておきます。

肩甲骨の内旋とは、主に肩鎖関節を中心として肩甲骨が肋骨から離れる動きを言います。
逆に、肩甲骨が肩鎖関節を中心として肋骨に張りつくような動きを外旋と言います。

動きの問題というのはある程度特定の運動が不足したり、過剰になったりすることで肩関節の痛みの問題に繋がることが少しずつわかってきています。

肩甲骨の動きの問題と肩の痛みとの関係性

前回の記事(最強の肩とローテーターカフ〜肩甲上腕関節の動きと構造を理解する〜
)でインピンジメントについて少し触れましたが、このインピンジメントと関連がある肩甲骨の動きの問題がある程度わかるようになってきています。

・肩甲骨の後傾が不足
 ・Lukasiewicz AC et al,JOSPT 1999
 ・Ludewig PM & Cook TM,Phys Therapy 2000
 ・Hebert LJ et al,Arch Phys Med Rehabil 2002
 ・Endo K et al,J Orthop Sci 2001
 ・Lin JJ et al,2006

・肩甲骨の上方回旋が不足
 ・Ludewig PM & Cook TM,Phys Ther 2000
 ・Endo K et al,J Orthop Sci 2001
 ・Lin JJ et al,2006
 ・Lawrence RL 2014

・肩甲骨の内旋が増加
 ・Warner JP et al,Clin Orthop 1992
 ・Ludewig PM & Cook TM,Phys Ther 2000

あくまでもインピンジメントとの関連なのでその他の運動の問題ももちろん念頭に置きながら選手や患者さんの痛みがなぜ起こっているのかを紐解いていきます。

なぜ僧帽筋と前鋸筋が神筋と言われるのかは、これらの作用を理解すると頷けるはずです。
それでは、それぞれの筋の基本的な作用を確認していきましょう。

僧帽筋と前鋸筋の機能解剖

僧帽筋には上部・中部・下部と、ひとつの筋肉に3つの走行を持ちます。
僧帽筋全体としては内転という作用を持ち、それぞれの特異的な作用は以下に示してある通りです。
記事画像5
僧帽筋上部は、肩甲骨の挙上と上方回旋
僧帽筋中部は、肩甲骨の外旋
僧帽筋下部は、肩甲骨の外旋、上方回旋、後傾
記事画像6
前鋸筋には、肩甲骨に対して主に外転、上方回旋、外旋という働きを持ちます。

先ほどインピンジメントに関連のある肩甲骨の動きとして“後傾の不足”、“上方回旋の不足”、“内旋の増加”という問題を挙げました。
もうお気付きの方もいるかもしれませんが、次回はなぜこれらが神筋と言われるのか?
そして実際に汎用性の高い代表的なエクササイズを一つ一つ説明したいと思います。

第2部に続く。
  • 興津 佑亮(おきつ ゆうすけ)
    【所属】
    西淀病院、NexusMotion大阪、MovementSystemLab
    【経歴】
     2007年~現在まで西淀病院 リハビリテーション科にて勤務。急性期から回復期、在宅で整形外科、中枢神経系疾患と様々な臨床現場での経験あり。入職当初より環境に恵まれPNFの学習も続けており。現在はMSIアプローチとPNF等を利用して患者の治療へ応用して実践している。全国でMSIアプローチ講習会を講師、アシスタントとしても活動している。
    【認定資格等】
    ・理学療法士
    ・IPNFA 認定 PNF Basic course 1+2 修了
    ・IPNFA 認定 PNF Advanced course 3 修了
    ・Diagnosis And Treatment Of Movement System Syndromes Introduction to Concepts and Applications.(導入編コースを現地で修了)
    ・Diagnosis And Treatment Of Movement System Syndromes Upper Quarter Advanced Applications.(応用編上肢コースを現地で修了)