フィジーク・オンライン

エネルギー代謝に役立つ栄養<コエンザイムQ10とガルシニア・カンボジア>

この記事をシェアする

10
掲載日:2016.07.11


コエンザイムQ10(CoQ 10: Coenzyme Q10)


心臓は、全身に血液を送り出すために絶えず活動しています。寝ている時も、起きている時も、意識していなくてもちゃんと動いてくれないと困りますよね。

その活動のエネルギー源となっているのが、コエンザイムQ10(CoQ10)という補酵素です。CoQ10は体内で作られますが、CoQ10の消耗が著しい現代の日常生活では、サプリメントの様な形で積極的に補給する事が望ましいです。

食物から摂れる量は1日10mg程度ですが、健康維持に必要な量は100mg以上と考えられています。イワシなら20匹以上食べなければなりませんから、やはりサプリメントを効果的に利用して下さい。




CoQ10は、エネルギーを作る場所である細胞のミトコンドリアに約50%、核に約30%、小胞体に約20%分布します。心臓、特に心筋の膜や腎臓、牌臓などミトコンドリアが沢山存在する場所に多く存在します。

心臓疾患の治療にCoQ10が使われるのはそういう訳です。

体内では20歳頃をピークに、加齢と共に減少します。不足すると、ミトコンドリアが最も多く存在する心臓のエネルギーが弱まり、心臓のポンプ機能が疲労します。

すると血液を送り出す力(心拍出量)が弱まり、1回の拍動で押し出される血液量が減る為、血液が末梢まで行き届かず、手足の先が冷えたり、脚がむくんだりなど、様々な症状が出現する事になります。

年を取ると、走ると息切れするという話を良く耳にしますが、それもCoQ10の体内含有量減少が原因かもしれません。


CoQ10は抗酸化物質
エネルギー産生に深く関与しているCoQ10ですが、細胞を活性酸素による酸化から守る働きもあります。老化を早めたり、様々な疾病を引き起こす原因と考えられているのが、細胞膜の酸化です。

その酸化の引き金となるのが、活性酸素(フリーラジカル)です。CoQ10はそれらを無害化したり、酸化された物質を分解して細胞のダメージを修復したりします。

抗酸化物質には、良く知られているものにビタミンE、ビタミンC、カロチノイド、ポリフェノール、グルタチオン等がありますが、CoQ10は最も重要な抗酸化物質の一つです。

細胞の中で特に酸化されやすいのが、細胞膜の主成分である脂質です。CoQ10は、脂質の酸化を防いでいる重要な物質であるビタミンEに作用し、抗酸化力を強化します。

しかもCoQ10がなくなると、ビタミンEが有っても脂質の酸化作用は抑制できないことが分かつています。つまり、CoQ10はビタミンEの酸化を抑制する作用と、脂質過酸化物の酸化反応を抑制する、二つの働きがあるのです。

ビタミンEやビタミンCが無くなるより先にCoQ10が無くなるわけですから、ビタミンEやビタミンCの欠乏が見られたら、既にCoQ10は体内にほとんど無い、と思って下さい。

CoQ10はアスリー卜に不可欠
ハードなトレーニングによって筋繊維から栄養が漏れたり、呼吸によって体内に活性酸素が大量に発生したりします。そこでCoQ10の補給による抗酸化は欠かせなくなります。

また、パフォーマンス向上や持久力の持続には、エネルギー代謝を促進するCoQ10を是非摂りたいですね。CoQ10は筋肉の膜を守りますので、怪我も予防してくれます。

その他、CoQ10が不足するとエネルギー産生に支障が起こりますから、以前消費出来ていたエネルギーを身体が消費出来なくなり、同じ量を食べていても太りやすくなったりします。運動+CoQ10で、エネルギー消費量を高めましょう。

減量期の疲労を取ったり脂肪消費を高めたりして、理想の身体を作りましょう。


ガルシニア・カンボジア(Garcinia Cambogia)




体脂肪対策の話が出ましたので、エネルギー産生とは直接関係しませんが、ここでHCA(ハイドロキシクエン酸)の話をします。ガルシニア・カンボジアはインド原産の植物で、果実部分から抽出した成分HCAが有効成分です。

HCAによるエネルギー代謝の促進
TCAサイクルというエネルギー代謝の過程で発生したクエン酸は、エネルギーとして利用されないと、脂肪酸合成経路を経て、脂肪として貯蔵されます(全くもって、どこにいっても貯金は脂肪、ですね)。

HCAは、この脂肪の生合成を阻害し、脂肪の蓄積を抑制します(①)。

更に、①によってミトコンドリア内のクエン酸濃度が増加し、糖質からのグリコーゲンへの変換が促進され、貯蔵グリコーゲンが増加し、血糖値の安定化、空腹感の抑制、過食防止に役立ちます。

また、脂肪酸の燃焼に抑制的に働くマロニルCoAの濃度が低下する事により、脂肪の燃焼が促進され、エネルギー源として使われます(②)。

競技会に向けて減量する方は、試してみて下さい。


  • 星 真理(ほし まり)
    栄養整合栄養医学協会認定 分子栄養医学管理士
    栄養学の専門家として老若男女を問わず、一般人からトップアスリートにいたるまで、あらゆるニーズにも対応した栄養指導/栄養セミナーを個人、競技チーム、学校、企業を対象に行っている。
    著書「アスリートのための分子栄養学」(体育とスポーツ出版社)

    分子栄養学(正式名称:分子整合栄養医学)
    Ortho-Molecular Nutrition and Medicine
    ノーベル賞を2つ受賞した米国人生化学者ライナス・ポーリング博士(1901〜1994年)が、栄養学と医学とを融合させて研究し、分子整合栄養医学として確立した栄養医学。

  • アスリートのための分子栄養学
    2014年3月31日初版1刷発行
    著者:星 真理
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社


[ アスリートのための分子栄養学 ]

関連記事

血液検査の必要性とは?血液検査の結果から分かる栄養状態

血液検査の必要性とは?血液検査の結果から分かる栄養状態

【警告】夏の疲れは秋に出る 疲れにくいカラダ作りの秘訣/分子栄養医学管理士 星真理 (2/2)

【警告】夏の疲れは秋に出る 疲れにくいカラダ作りの秘訣/分子栄養医学管理士 星真理 (2/2)

ダイエットを成功させるために知っておかなくてはならない基礎栄養学

ダイエットを成功させるために知っておかなくてはならない基礎栄養学

大切なのは日々の手入れ/益子 克彦

大切なのは日々の手入れ/益子 克彦

4スタンス理論 クロスタイプとパラレルタイプの違いとは?/三土手 大介

4スタンス理論 クロスタイプとパラレルタイプの違いとは?/三土手 大介

筋肉の深部にアプローチする「 スポーツアロマ 」とは?

筋肉の深部にアプローチする「 スポーツアロマ 」とは?

乳酸は疲労物質ではない?「筋肉の生理学」と「4つのエネルギーシステム」

乳酸は疲労物質ではない?「筋肉の生理学」と「4つのエネルギーシステム」

間違いだらけのプロテイン選び/サイモン・デュー

間違いだらけのプロテイン選び/サイモン・デュー