フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • 1

    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    ベンチプレスが誰よりも強くなるマニアックな専門書!
    体育とスポーツ出版社
    ベンチプレス 基礎から実践 /東坂 康司
    金額: 2,860 (税込)
  • 2

    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    櫻井 貴史、飯沼 誠司、魚原 大、益子 克彦、金子 賢、尾関 紀篤ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 006号
    金額: 1,222 (税込)
  • 3

    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    Aya'sFunctionalLife、最強万能サプリMRPとは、NPCJほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 005号
    金額: 1,222 (税込)
  • 4

    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    Cross Aya、シンクロ日本代表コーチ 井村雅代、フィットネス男子ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 004号
    金額: 1,527 (税込)
  • 5

    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    武田真治、魚原大、南原竜樹、小野寺対談 森俊憲、有馬 康泰ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 003号
    金額: 1,527 (税込)
  • 6

    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    韓国の至宝 Jinwon Lee、有馬康泰 × 齋藤真人対談、長谷川浩久ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 002号
    金額: 1,527 (税込)
  • 7

    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    JBBF会長 玉利齊、 サンキンサチ、木村ミノル、有馬康泰、桑崎寛、角田信朗ほか
    フィジーク・マガジン
    PHYSIQUE MAGAZINE 001号
    金額: 1,527 (税込)
  • 8

    世界最大級のスポーツイベント!アーノルド スポーツ フェスティバル 2015
    アーノルド・スポーツフェスティバルは80カ国から18,000人のアスリートが参加し、50種のスポーツ競技が開かれる、全米最大のマルチスポーツイベントである。 アーノルドクラシックの起源は1970年にさかのぼる。コロンバスのスポーツプロモーター、ジム・ロリマーは若きオーストリアのボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガーを招いた。 シュワルツェネッガーはその時のコンテストで勝利を収め、賞金$1,000を獲得した。そしていつかロリマーと共にボディビルディングのプロモートをするためにコロン…
  • 9

    パーフェクト・スムージープロテイン1.6kg 各テイスト
    1食置き換えダイエット、忙しいビジネスマンにも最適!腸内環境にもこだわったMRP
  • 10

    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    NO系サプリの決定版!究極のパンプアップで充実したトレーニングを。
    MPN
    HYPER PUMP 375g パイナップル味
    金額: 7,344 (税込)

トレーニングに影響する日頃の癖(1)/三橋 忠

この記事をシェアする

0
掲載日:2016.02.24


フィジークオンラインをご覧の皆様、初めまして。
加圧トレーニングスタジオHAPPINESS&ハピネス整骨院代表、ファイン・ラボフィットパーソナルトレーナーを務める三橋忠です。

私はパーソナルトレーナー業務以外に、柔道整復師として経営する、浦和のハピネス整骨院の院長もしており、日頃からトレーニング外傷・障害を診させていただいております。

特に多いのはローテーターカフ障害(回旋筋腱板炎)、グローペイン症候群(鼠径部痛)など、レントゲンには写らない、主に筋肉のアンバランスから来る痛みが多いです。

今回は初回なので総論として、上記のような怪我が起きる根本的な原因を、ウェイトトレーニングをする方目線で話します。

まず一般的に上げられる怪我の原因を列挙します。

① トレーニングフォームが悪い
② トレーニング負荷が多すぎる(重量、セット数など)
③ トレーニング種目の選択が悪い
④ トレーニングのスピードが速すぎる
⑤ 次のトレーニングの間隔が短か過ぎる
⑥ 誤ったチーティング
⑦ ウォーミングアップ不足
⑧ 食事制限
⑨ 事故・アクシデント

これらの要因を全て回避していても、残念ながら怪我は起きます。起こりうる根本的な原因は、タイトルにも書きましたが「日頃の癖」なのです。「日頃の癖」が潜在的にトレーニングに影響し、身体のアライメントを崩して、静的姿勢、動的姿勢でのアンバランスを生じ、正しいフォームでのトレーニングを阻害するのです。

極端に書きましたが、それ位に「日頃の癖」は見過ごされているのです。なぜ見過ごされるかというと、本人が癖に気づいていない事が多いです。

例えば、トレーニング中に片足に体重を乗せたまま話を聞いていたり、プレートを戻す時に毎回右手だけで戻したり、フロアから起き上がる時に左手から手をついたり、メモ取る携帯電話を利き手だけでいじったりなど、私とセッションしてる数分間でも多くの癖に気づきます。

その程度の事なら直す必要は無いと思われますが、おそらくトレーニングを始める以前から染み付いてる習慣なので、強い癖は改善する必要があります。指導を受けてるパーソナルトレーナーや治療家に「日頃の癖」を指摘してもらうようにしましょう。




ちなみに現場では、癖の改善を踏まえ、主に8つのポイントの正常反応の確認、関節可動域が確保できてるか、そしてそれに見合う筋力があるかをチェックします。

①頸椎の回旋
②胸椎の伸展
③脊柱起立筋の適度な緊張
④腹横筋の筋収縮反応
⑤腹直筋の適度な緊張
⑥股関節屈筋群の弛緩
⑦胸郭の可動性
⑧肩甲骨後傾・肩甲骨上方回旋の誘導

この8つのポイントの異常反応が、トレーニングフォームの不具合を助長してることが多いです。またこのポイントの確認を、日々のルーティーンとしてウォーミングアップやトレーニングに加えると、怪我を未然に防げ、身体の連動性も高まり、筋出力も上がりトレーニングの効率も良くなります。


次回は8つのポイントについて細かくご紹介致します。
 
  • 三橋 忠(みつはし ただし)
    加圧トレーニングスタジオHAPPINESS&ハピネス整骨院 代表
    ファイン・ラボフィット パーソナルトレーナー
    大手スポーツクラブのチーフトレーナー・責任者を経験した後、パーソナルトレーニングスタジオ店長として4年間勤務し、整形外科・接骨院でもキャリアを積み、2011年に加圧トレーニングスタジオHAPPINESS&ハピネス整骨院を開業。パーソナルトレーニングで年間3500 セッションの指導を行う。

    <資格>
    ・厚生労働大臣認定柔道整復師
    ・加圧スペシャルインストラクター
    ・米国認定ストレングス&コンディショントレーナー(NESTA-PFT)
    ・キネシオテーピングトレーナー

    <競技実績>
    2008年ボディビルMr茨城 準優勝
    2008年ボディビルMr茨城70kg以下級 準優勝
    2009年ボディビルMr茨城70kg以下級 優勝

[ PHYSIQUE ONLINE 限定記事 ]

関連記事

怪我防止だけではない!ストレッチで得られる3つの効果とは?

怪我防止だけではない!ストレッチで得られる3つの効果とは?

【警告】夏の疲れは秋に出る 疲れにくいカラダ作りの秘訣/分子栄養医学管理士 星真理 (2/2)

【警告】夏の疲れは秋に出る 疲れにくいカラダ作りの秘訣/分子栄養医学管理士 星真理 (2/2)

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ  (3/3)

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ (3/3)

間違いだらけのプロテイン選び/サイモン・デュー

間違いだらけのプロテイン選び/サイモン・デュー

筋肉の深部にアプローチする「 スポーツアロマ 」とは?

筋肉の深部にアプローチする「 スポーツアロマ 」とは?

人体の構造と機能を学び、より効果的なボディメイクにつなげよう!

人体の構造と機能を学び、より効果的なボディメイクにつなげよう!

ニ種類の不飽和脂肪酸と脂肪の吸収・消化の仕組み

ニ種類の不飽和脂肪酸と脂肪の吸収・消化の仕組み

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ (1/3)

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ (1/3)